Bet Gamer

【共同通信杯2024】クラシックに備え!

ジャンタルマンタル

はじめに

共同通信杯はいつも将来性に期待できる多くの競走馬が参戦しています。
クラシックに備える陣営に力試しためのレースとも言えます。

共同通信杯について

共同通信杯のコースは東京芝1800m左回りです。

1967年に創設された競走は、「東京4歳ステークス」として始まりました。1969年からは「トキノミノル記念」という副称が付けられ、1983年には「共同通信杯4歳ステークス(トキノミノル記念)」に名称が変更されました。競馬場の改修工事や積雪の影響で初期はコースが定まらなかったものの、第5回(1971年)以降は原則として東京芝1800mでの開催となりました。

1984年のグレード制導入に伴い、この競走はG3に格付けされました。2001年の馬齢表記変更に伴い、「共同通信杯(トキノミノル記念)」という名称に変更されました。東京競馬場が舞台となるため、有力な関西馬が東京競馬場での経験を積むために遠征してくるケースも多く見られます。

共同通信杯の有利馬

ジャンタルマンタル

ジャンタルマンタルはこれまで3戦無敗で、重賞レースを2勝している実力馬です。前走の朝日杯FSでは、中団で脚を溜め、直線では内から外に斜行しつつ末脚を伸ばし、勝利を収めました。ただし、ラスト1Fのタイムが12秒3で、持続力には課題がありました。また、前のデイリー杯2歳ステークスでも内枠からのスタートで、3番手くらいの位置から抜け出して勝利していますが、終いの2Fが11秒2に対して1Fが11秒9で、持続力にもやや不安があります。

今回の共同通信杯は過去5開催連続でスロー展開となりましたが、ジャンタルマンタルはこれまで流れる展開の中で動けているため、立ち回りには器用さがあります。しかし、スローからの上がり勝負に対応できるかどうか、またデータとの相性が不確かな点が気になります。

ジャンタルマンタルは無敗のG1馬であり、一瞬の加速力や立ち回りの器用さがあります。また、データとの相性のいい連対率100%の馬です。ただし、スローからの上がり勝負に対応できるか、そしてデータとの相性が不確かな点が課題となります。枠や追い切りで目立たない場合は本命にはしない予定です。

エコロヴァルツ

共同通信杯の有利馬:エコロヴァルツ

前走の朝日杯FSで最後方から追い込んで34秒1の末脚で2着に食い込んだエコロヴァルツは、2歳新馬戦やコスモス賞では前目の競馬で勝利を収めていました。朝日杯FSではスタートこそ出ましたが外の馬が先行したため後ろからの競馬となりました。しかし、直線で追い込んで2着に入るなど、追い込みの競馬もこなせることを証明しました。

共同通信杯はスローからの上がり勝負になりやすく、朝日杯FSでの長い末脚が生きる可能性があります。また、エコロヴァルツはゲートもそれほど下手ではないため、前で競馬することも可能です。武豊騎手の安定した騎乗も期待できますし、前走よりも頭数が少ない11頭立てなので、好位を確保しやすいでしょう。

距離にも不安はなく、2勝している芝1,800mでも問題ありません。データとの相性も良く、連対率100%の馬です。

エコロヴァルツの評価点としては、朝日杯FSで後方競馬を身に付けたことや逃げも可能な点、芝1,800mでの2勝、そしてデータとの相性の良さが挙げられます。一方で、前走が芝1,600m組で好走に乏しいという点が課題です。

ベラジオボンド

新馬戦を快勝したベラジオボンドは、阪神芝1,800mでのレースで、スローな競馬展開の中で3~4番手の位置から進出し、直線で勝負を決めました。終い2Fの脚が長く、ラストも流す勝ちっぷりを見せました。3着のソルトクイーンや5着のコンバットペスカがその後未勝利戦で勝ち上がっていることから、相手関係もそこそこ強かったと考えられます。

ベラジオボンドはスローからの上がり勝負を制し、末脚を長く活かせる能力を示しました。また、前走が阪神芝1,800mだった馬が連対率100%であることから、東京コースとの相性も良さそうです。

データ的に不利な要素もあるかもしれませんが、それを差し引いてもベラジオボンドは好走が期待できる1頭です。

ミスタージーティー

ミスタージーティー前走のホープフルSで5着に終わりましたが、陣営は騎乗ミスとコメントし、大外枠からの出遅れや直線でのロスが敗因だと述べています。それにも関わらず、上がり2位で追い上げて5着という結果は、そのポテンシャルの高さを物語っています。

ミスタージーティーは能力の高さと距離適性が抜群であり、前走の敗戦によってオッズが妙味される可能性があれば、積極的に狙いたい1頭です。

おわりに

共同通信杯では複数の有力馬が競り合いを演じることが予想されます。それぞれの馬には長所と課題があり、スロー展開や持続力などの要素が結果に影響を与えるでしょう。競馬ファンにとっては見逃せない一戦となりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

最新記事

error: コンテンツは保護されています!