Bet Gamer

アミールT:ノースブリッジとサトノグランツの遠征記

ノースブリッジ

はじめに

今週、ノースブリッジとサトノグランツはカタールのG1アミールTに出走します。
今回はアミールTとこの2頭を紹介します。

アミールTとは

フールネームはロンジン・アミールトロフィー。
カタール・ドーハで開催されたG1レースです。
競馬場はアルライヤン競馬場で、コースは芝の2400mです。
現地の開催日は2月17日(土曜日)です。

ノースブリッジ

アミールT:ノースブリッジ

通算成績:15戦6勝

主な勝ち鞍は2022年のエプソムカップと2023年のAJCCです。馬名の意味は、「北+橋」であり、人名より取られています。

2歳の時には、2020年9月27日の2歳新馬(中京芝2000m)でデビューし、逃げて上り最速のタイムを出して初戦を勝利しました。その後、葉牡丹賞でも連勝を果たしました。

3歳になると、挫石により京成杯を回避した後、青葉賞やラジオNIKKEI賞で好走し、岩田康誠騎手とのコンビが固定されました。しかし、セントライト記念では不利もあり10着と敗れました。また、ウェルカムステークスでも惨敗しました。

4歳のシーズンでは、アメジストステークスとエプソムカップで勝利し、重賞初制覇を果たしました。そして、5歳のシーズンでは、 AJCCで再び勝利し、重賞2勝目を挙げました。

今回の遠征は、鞍上は同じく岩田康誠騎手。

サトノグランツ

アミールT:サトノグランツ

通算成績:9戦4勝

サトノグランツは、日本の競走馬であり、主な勝ち鞍は2023年の京都新聞杯と神戸新聞杯です。馬名の意味は、「冠名+輝き(ドイツ語)」です。

2歳の時には、2022年10月23日に阪神競馬場での2歳未勝利戦で初勝利を挙げました。

3歳になると、1勝クラス・ゆきやなぎ賞から始動しました。その後京都新聞杯で重賞初制覇を果たしました。東京優駿では惨敗しました。だが、約4か月後の神戸新聞杯で復帰し、好位からの差し切りで重賞2勝目を挙げました。その勝ちタイムはコースレコードとなり、父のサトノダイヤモンドや祖父のディープインパクトとともに、親子3代で同一GⅡを制覇する快挙を成し遂げました。

今回の遠征は、鞍上は同じく川田将雅騎手。

おわりに

ノースブリッジとサトノグランツの両馬は、カタールのG1アミールTに出走するために調整されています。それぞれの経歴や成績を踏まえ、彼らのパフォーマンスに注目が集めるでしょう。
皆も一緒に、彼らを応援しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

最新記事

error: コンテンツは保護されています!