Bet Gamer

スマスロ北斗の拳の打ち方

✚スマスロ北斗の拳

 スマスロ北斗の拳は初代の演出やゲーム性が完全再現されています。バトルボーナスを継続させて出玉を増やす仕様となっています。

 その上、バトルの性能を底上げしてくれるレイ共闘やトキ共闘、継続率を誇る無想転生バトルなど、ロング継続に期待できる新要素も追加されています。

✚スマスロ北斗の拳のゲームフロー

 通常時は主にレア役でモードアップを狙います。もしバトルパートでケンシロウが敗北しなければ、セット継続していきます。このセット継続で出玉を増やしていきましょう。

✚北斗の拳の打ち方と順押し手順

 まず、左リール上段の白BARを狙いましょう。スマスロ北斗の拳の順押し手順は、初めに左リール上段の白BARを狙いましょう。そして、左リールの停止した図柄によって、打ち分ける必要があります。

  また、順押し手順では、スイカの強弱の判別することができません。ベルの取りこぼしとチャンス目が判別しづらいのでご注意ください

✚チェリー停止する時

中段チェリー停止する時

 左リールの中段チェリーが停止する時は、中段チェリーのリーチ目です。中右リールはフリー打ちしても問題ありません。中リール上段の停止図柄でリーチ目も判別できます。

 ところで、中リールの上段にリプレイ以外が停止した場合もあります。リーチ目濃厚なので、中リール上段の停止図柄に注意しましょう。

角チェリー停止する時

 左リール下段にチェリー停止する時は、角チェリーか中段チェリーです。中右リールはフリー打ちで問題ありません。

 左リールに角チェリーが停止しても、中段チェリーが出ることも可能です。中段チェリーだった場合は、右リールの上段チェリーが停止します。故に、右リール上段の停止図柄にも注意しなければなりません。

下段スイカが停止する時

 左リール下段にスイカが停止した場合は、リプレイなどの可能性があります。しかしながら、順押しでは、スイカの強弱判別ができません。

 また、スイカが小山型にした場合はリーチ目なので、停止型にも注意しましょう。

下段白BARが停止する時

 左リール下段に白BARが停止した場合は、ベルやチャンス目やリーチ目やハズレなどの可能性があります。中右リールはフリー打ちでも問題ありません。

 左リール下段に白BARが停止した場合、BAR図柄や7図柄が一直線に停止する可能性があるので、停止型にも注目しましょう。

✚スマスロ北斗の拳は中押しがおすすめ

①中押しならばスイカの強弱が判別可能

 スマスロ北斗の拳は、中押しすることでスイカの強弱を判別することが可能になります。もしくは、スイカの強弱を判別するためには中押しが必須だと言えます。順押しではスイカの強弱を判別できません。

 また、スマスロ北斗の拳は、レア役からバトルボーナス当選を目指すゲームです。強レア役のほうがバトルボーナス当選に期待できます。そのため、スイカの強弱を判別することができます。

➁第三リール停止まで楽しめる

 スマスロ北斗の拳の中押し手順は中リールの停止型で右リールや左リールを打ち分けるため、第三リール停止まで期待を持って打つことができます。

 特にチェリー成立時は、第三リール停止まで中段チェリーと角チェリーが分からないので、第三リール停止までドキドキを楽しむことができるのではないでしょう。

✚スマスロの拳のバトルボーナス中の打ち方

 スマスロ北斗の拳のバトルボーナス中は、ナビ発生時以外は、通常時の中押し手順で消化するのがおすすめです。特に、バトルボーナスのバトルパート中は、レア役が成立しても演出が発生しないので、毎ゲーム中押し手順でレア役を狙うようにしましょう。

✚スマスロ北斗の拳の打ち方質問

①スマスロ北斗の拳は中押ししたほうが良いですか。

 スマスロ北斗の拳は、中押しで消化するとスイカの強弱が判別できるので、中押しで消化した方が良いでしょう。順押し手順では、スイカの強弱の判別はできません。

➁レア役の確率は変わりますか。

 スマスロ北斗の拳は、順押し手順と中押し手順でレア役の確率が変わることはありません。

③バトルボーナス中も中押しするべきですか。

 スマスロ北斗の拳は、バトルボーナス中もレア役が成立するので中押し手順で消化するのがおすすめです。また、ナビ発生時はナビに従いましょう

✚まとめ

 スマスロ北斗の拳はバトルボーナス中とともに中押し手順で消化するのがおすすめです。中押し手順ならば、スイカの強弱を判別できます。中押し手順で消化すると左の第三リール停止を押しましょう。

 しかしながら、中段チェリーと角チェリーを第三リール停止までは判別できありません。そのため、第三リール停止まで演出や出目を楽しむことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

最新記事

error: コンテンツは保護されています!