Bet Gamer

リバティアイランド24年の初戦、ドバイSCに目指す

リバティアイランド 秋華賞

はじめに

昨年の3冠牝馬として栄冠に輝いたリバティアイランド(牝4歳、中内田充正厩舎所属、父ドゥラメンテ)が、ドバイ・シーマクラシックG1(3月30日、メイダン競馬場、芝2410メートル)への予備登録を行ったことが判明しました。サンデーサラブレッドクラブが14日に自社のウェブサイトで発表しました。

今回の挑戦はリバティアイランドにとって初めての海外レースとなります。
鞍上は引き続き栗東・フリーの川田将雅騎手が務めます。
昨年のジャパンCで2着になった後、馬は滋賀県のノーザンファームしがらきで放牧されていました。

リバティアイランド

まず、リバティアイランドを紹介しましょう。
リバティアイランドは2020年に北海道安平町で誕生した牝馬です。
父は2015年の2冠名馬ドゥラメンテ、母も豪州G1で2勝の実績を持つ。
デビュー戦で初勝利を収め、阪神JFでも1番人気に応えて勝利。

リバティアイランド 阪神JF

翌年の桜花賞では出遅れが、直線で逆転勝利。オークスでも圧巻の走りで2着に6馬身差をつけて優勝し、秋華賞への挑戦も果たした。秋華賞では1番人気に推されました。スタートから好位取り、4コーナーで先頭に立つと最終直線で一気に差を広げ、1馬身差をつけて3冠を達成。
史上7頭目の3歳牝馬の3冠達成は、優れたパフォーマンスによる偉業として競馬ファンに感動を与えた。

去年のジャパンカップは、ラストランのイクイノックスに勝てなかった2着。
今年は彼の軌跡を追って、ドバイシーマクラシックへ出走予定です。

ドバイ・シーマクラシック

ドバイ・シーマクラシック(Dubai Sheema Classic)は、ドバイワールドカップデー(Dubai World Cup Day)の一環です。
毎年3月にドバイで開催される競馬イベントの中で、最も重要なレースのひとつです。
芝2410㍍の国際的なG1競走で、世界中の優れた競走馬たちが集まります。

メイダン競馬場

ドバイ・シーマクラシックは、メイダン競馬場と呼ばれ、ドバイの近代的で洗練された競馬場で行われます。そして、観客席や施設の充実度で知られ、世界級の競馬イベントがよく開催されます。

ドバイワールドカップデー

ドバイ・シーマクラシックは、ドバイワールドカップデーの中で開催されます。
ドバイワールドカップ(Dubai World Cup)を含む複数のG1競走が一日に集結する、非常に豪華で重要な競馬イベントです。

レコーダー

去年、イクイノックスは2:25.65でレコードを更新しました。
今年も日本の競馬たちの健闘を期待します。

おわりに

リバティアイランドのドバイSCへの挑戦は、多くのが期待しています。3冠の彼女が初の海外舞台でどのようなパフォーマンスを見せるのか、競馬ファンは熱い視線を送っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

最新記事

error: コンテンツは保護されています!