Bet Gamer

レンヌ対ニース – リーグ・アン:野心のぶつかり合い

はじめに

ロアゾン・パークにて、レンヌとニースがリーグ・アン第18節で激突します。クープ・ドゥ・フランスでの勝利に乗じて、両チームのさらなる活躍が楽しみです。

レンヌ:中位からの脱却期待

現在、レンヌはリーグ・アン中位に低迷しており、これを打破するべく努力しています。12月は不安定なスタートを見せました。なお、トゥールーズ戦とクレルモン戦において復活を果たすことが期待されます。ただし、連続したリーグ戦の勝利はまだ達成できておらず、それを目指しています。

ニースの試練:タイトルへの野望

ニースはクープ・ドゥ・フランスで、オセールへのPK戦勝利で勢いづいています。続きはリーグ・アン制覇を目指すとのことです。チームは現在リーグ表で2位につけ、レンヌ戦での勝利でパリ・サンジェルマンとの差を縮めることができるかもしれません。ただし、最近アウェイでの敗北は、タイトル争いに残るために乗り越えなければならない課題です。

ホームで苦戦したレンヌ v.s. 支配力を見せたニース

レンヌはホームでの不振を挽回しようとしていますが、オリンピック・ニースに連続で敗れました。昨シーズンは2-1での敗北、その記憶がまだ鮮明です。両チームが上昇志向を目指す中、この一戦はピッチ上で火花を散らすことを期待させます。

ホームで苦戦したレンヌ v.s. 支配力を見せたニース

負傷者の問題と国際大会への派遣

レンヌはクリストファー・ウーがアフリカネイションズカップ唯一の国際選手として出場する中、注目はネマニャ・マティッチの論争的な退団に集まっています。

一方、ニースはテレム・モフィ、ヒシャム・ブダウィ、ジェレミー・ボガ、ユセフ・アタルがAFCONに選出されました。特にアタルはイスラエル・パレスチナに関連したSNS発言で告訴されてからの選抜。なおけがで離脱している選手が多い中、ジャン=クレール・トディボも12月16日のル・アーヴル戦で退場され、3試合の出場停止処分をくらいました。出場確定と言ってもいいでしょう。

予想スターティングラインナップ:戦術のアプローチを覗き見

レンヌはマンダンダ、カリムエンド、ル・フェ、サンタマリアといった面々を起用する可能性が高いです。ニースはブルカ、モフィ、ラボルドなどの強力陣営が出ることを予想。そして新メンバーチョーにも期待が、レンヌの守備脆弱性を突くことを狙うのでしょう。

試合の予測:緊迫した一戦

レンヌはロアゾン・パークでの復讐を目指す。一方ニースはタイトル争いを強化するために戦います。両チームが3ポイントを目指して激しい戦いを繰り広げることが予想されます。最終的に守備の脆弱性を克服し、得点チャンスを生かすことが勝敗を左右するでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

最新記事

error: コンテンツは保護されています!