Bet Gamer

再び驚きの穴馬登場!今週も意外な競走馬が浮上中

イントロダクション:

菊花賞トライアルでの重賞ランキングの第1弾、「セントライト記念(G2、中山芝2200m)」が、意外な競走馬で観客を驚かせる準備をしています。先週の京成杯AHでは、騎手ランキングでトップにノミネートされた騎手M.デムーロが騎乗したミスニューヨークが、8番人気で驚きの3着に好走しました。

分析:

トップ3の競走馬は、驚くべき複勝率が40%を超えています。9勝でトップの横山武史騎手は、2021年のウインマリリンと2022年のジェラルディーナで連覇を達成するなど、印象的な実績を持ちます。彼は皐月賞馬ソールオリエンスにとって強力なパートナーと見なされており、大きな人気が予想されています。

今回の穴馬として注目されているのは、2位の田辺裕信騎手です。彼は同舞台で、2021年のセントライト記念で1着となったアサマノイタズラ(9番人気)を筆頭に、驚きの高配当馬券を数多く生み出しています。単勝回収値は驚異の300%超え!?複勝回収値も100%を超えており、今回初めて組むグリューネグリーンも激走が期待されます。

3位には、常連のC.ルメール騎手が位置しています。勝率はやや物足りないかもしれませんが、複勝率では横山武騎手、田辺騎手を上回っており、前走に続いての騎乗となるキングズレインも注目されています。

まとめ:

菊花賞トライアルとセントライト記念への期待が高まる中、ファンは予想外の競走馬が順位を入れ替える様子に期待しています。実績豊富なチャンピオンと過小評価されている穴馬の組み合わせで、このレースは興奮を呼ぶものとなり、競馬愛好者をハラハラさせることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

最新記事

error: コンテンツは保護されています!