Bet Gamer

日本v.s.インドネシア:アジアカップ ラスト16進出を懸けた一戦

日本対インドネシア:アジアカップ

はじめに

アジアカップの舞台は激しさを増している中。水曜日には日本がインドネシアと対戦し、ラスト16進出をかけての真剣勝負となる。2試合を終え、今両チームがそれぞれ3ポイントを持っておる。日本は前回のイラク戦で1-2で敗れ、インドネシアはベトナムに1-0で快勝した。

日本の現状と期待

2023年6月以降、日本は強さを見せてきた。しかし、前回の試合でイラクに敗れ、11連勝がストップした。前回の敗北は1988年以来のことで、35年以上ぶりの連敗。同年が連敗した最後の年でもある。今回の試合で敗れると、ノックアウトステージ進出が危ぶまれる。ちなみに2試合での敗北は、2023年3月以来、守安肇監督が90分間で複数得点を許さなかった初めての試合だった。

1ゴールでの勝利は2021年11月以来で、ベトナムに1-0で勝利した。サムライ・ブルーはアジアカップグループステージで8回連続で首位にフィニッシュしてきたが、イラクが最終戦でベトナムに勝つか引き分けると、その記録が途切れる可能性がある。

インドネシアの進化と展望

2007年以来、インドネシアは大会で初めてのグループステージ勝利を収め、ノックアウトステージ進出の可能性が広がった。水曜日の勝利で、2回前のアジアカップグループステージの合計得点を上回ることになる。

監督のシン・テヨンは日本に対して無敗で、2017年の東アジアサッカー選手権のグループステージで韓国代表監督として4-1で勝利している。2試合で2得点を挙げたインドネシアは、前回の4試合での合計得点(2得点)を既に上回っている。

前川; 菅原、板倉、冨安、伊藤遥; 遠藤、畠手; 伊藤翔、久保、南野; 上田

チームニュース

前回の試合で足首の怪我のため欠場したカオル・ミトマは復帰が不透明。金曜日の試合で先発メンバーに2つの変更があり、竹房久太と浅野拓磨が出場しました。ゴールキーパーのジオン・スズキは前回の2試合で複数の得点を許し、慎重なプレーが求められるでしょう。

アリ; マンクアラム、ウォルシュ、プラセティオ、フーブナー、アーハン; サユリ、ジェンナー、フェルディナン、スラエマン; ストライク

チームニュース

試合2で軽傷を負ったリズキ・リドホとジョルディ・アマットは、この試合の出場が疑わしい。金曜日の試合で先発メンバーにはサンディ・ウォルシュとエギー・マウラナが加わった。

今までインドネシア代表は素晴らしいプレーを見せています。ただし、前回イラク戦後不機嫌状態の日本代表にぶつかると苦しい戦いになるだろう。我々サムライ・ブルーが鬱憤を晴らし、圧倒的な形で勝利すると予想しています。

おわりに

水曜日の一戦は両国のファンにとって重要であり、激しい戦いが期待される。まず日本は前回の敗北から立ち直るのだろう。一方インドネシアは歴史的な進化を果たしたと。つきましてはどちらも勝利を掴める可能性があるという。予想通りのスコアでサムライ・ブルーが勝利するか、インドネシアがサプライズを演出するか、注目が集まる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

最新記事

error: コンテンツは保護されています!