Bet Gamer

日経新春杯:実力馬が揃い踏み、経験馬の活躍に注目

サトノグランツ

はじめに

日経新春杯2024は、京都競馬場で開催される中距離ハンデ戦のG2競走で、一年の初めに行われる重要なレースです。特に明け4歳馬の活躍が目立ち、昨年までのクラシック経験馬が多く出走しています。
注目すべき馬として、京都&神戸新聞杯を制したサトノグランツやダービー3着のハーツコンチェルトなどが挙げられます。クラシックを終えて放牧を経て成長した馬たちの走りに期待が寄せられます。ハンデ戦であるため、軽ハンデの馬が関東から遠征することもあり、これが馬券に影響を与える要因となっています。

日経新春杯の人気馬

サトノグランツ

昨年の京都新聞杯と神戸新聞杯を制した実力馬。京都新聞杯ではスローな展開も不利を跳ね除けての勝利。神戸新聞杯ではロスなく巧みな立ち回りでレコード勝利。ダービーや菊花賞では不運も影響した可能性あり。芝2,400mは得意で、京都の舞台も適性高い。サトノダイヤモンド産駒として、日経新春杯を制することに期待がかかる。

ハーツコンチェルト

日経新春杯:ハーツコンチェルト

昨年のダービー3着馬でありながら、新馬戦以降は左回りの舞台が多かった。しかし、向こう正面でペースアップして3着入りしたダービーではそのポテンシャルを発揮。右回りの舞台では未経験が多く、左回り巧者とのイメージが強い。ポテンシャルは高いが、舞台適性に課題あり。

サヴォーナ

昨年の神戸新聞杯でサトノグランツに差されたが、強い競馬を見せた。菊花賞では終いの脚が甘くなって5着に敗れたが、その内容から高い地力が窺える。距離適性があり、前走の不利や不適性を考慮すれば、上位争いに期待できる。

注目すべき馬

インプレス

昨年の新潟記念での3着が注目される。直線の長い舞台が合っており、前走の京都大賞典やジャパンカップでは相手関係や馬場が影響したものと考えられる。メンバーは揃っているが、馬場が良ければ前走以上のパフォーマンスが期待できる。

リビアングラス

菊花賞4着馬。前半は先頭に立ち、終盤まで競馬を行った。京都新聞杯ではサトノグランツとのタイム差はゼロ。前走のグレイトフルステークスでは出負けが響き7着に敗れたが、今回は逃げ馬が不在で前走よりも出し切りやすい。実力を発揮できれば上位争いに加わる可能性がある。

シンリョクカ

エリザベス女王杯9着からの参戦。前走は距離延長で苦戦し、行きっぷりが悪く位置を取ることができなかった。しかし、調教ではメリハリをつけた走りが見受けられ、距離を伸ばしても上手くリズムを作れる可能性がある。緩さの解消や踏み込みの増加もポイント。距離を伸ばしての成績が良いことから、日経新春杯を制するに期待が寄せられる。

おわりに

日経新春杯は簡潔かつ魅力的な競走で、直近の開催では9番人気以下の馬が馬券に絡む驚きの展開も見受けられました。注目の一戦で、実力派馬たちの競り合いが期待されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

最新記事

error: コンテンツは保護されています!