Bet Gamer

菊花賞展望: 遅れて脚を使い、持続力を要するレース

導入:

菊花賞は、日本の三冠競走の最終戦であり、コントレイルが20年に無敗で三冠を達成して以来、3年ぶりに京都に舞台が戻ってきました。この厳しい3000メートルの芝レースは、馬と騎手の両方にとって独特の課題を提供します。コースは第三コーナー付近に急なアップダウンがあり、ナビゲートするのが難しいトリッキーなコースです。競走馬はこの見慣れない距離に打ち勝つスタミナだけでなく、道中での優れたバランスと戦術的な巧さも発揮しなければなりません。この詳細な分析では、この高い期待を寄せるイベントについて考慮すべき重要な要因について掘り下げます。

1. 凡走からの巻き返しは困難:

直近の20回の京都開催で、前走6着以下だった馬は1勝しかしておらず、2着も3回だけ。前走凡走した馬がここで巻き返す余地は大きくないと言えるでしょう。

2. 上がりの速さと持続力が要求される:

通例、菊花賞は第3~第4コーナーからのロングスパートになります。このフォーマットは遅れて脚を使う馬にプレッシャーをかけ、先頭を進む馬や早いペースメーカーにとっても難しくなります。直近の20回の京都開催での統計によれば、フィニッシュスピードの重要性が明らかになっています。前走の最終3ハロンタイムが1位だった馬は複勝率23.4%を誇り、2位だった馬は26.0%のまともな複勝率を持っていました。それに対して、4~5位の馬は13.7%の複勝率であり、6位以下の馬は10.3%の複勝率にとどまっています。

3. 軸は継続騎乗の馬から:

京都開催だった直近の20回で、前走と同じ騎手だった馬の成績は[17-13-16-189]で複勝率19.6%なのに対し、乗り替わりの馬の成績は[3-7-4-106]で複勝率11.7%と低くなっています。また、乗り替わりで勝った3頭のうち、初騎乗だったのは18年フィエールマンのルメール騎手だけでした。京都の長丁場という難しい条件において、乗り替わりがプラスに働くケースは多くないことが明らかです。

結論:

菊花賞に向けて展望する際には、レース固有の要求が有力馬と他の馬を分けることが明らかです。前走の不振から立ち直ることは困難な課題であり、遅れて脚を使える優れた馬が重要なアドバンテージを持ちます。また、ジョッキーとの一貫性も重要です。速さは重要ですが、持続力を保ちながら最終ストレッチを制することが成功の鍵です。この競争の激しいフィールドでは、誰が勝者として浮上するかは誰にも分かりませんが、この洞察に富んだ分析で競馬愛好者はこのクラシックな対決に対するより洞察に富んだ予測ができるでしょう。上位の有力馬の中でも、独特の遅れ脚を持つサトノグランツは注目の馬であり、この条件下での逆転可能性は無視できません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

最新記事

error: コンテンツは保護されています!